こんにちは、無色の畑です。
今回は家庭菜園の雨よけハウスの周りに防草シートを敷きましたので
そちらの作業の様子をお伝えしていきたいと思います

防草シート2



★目次
1.使用した防草シート
2.防草シート敷き
3.防草シートの効果

の順番でお伝えしていきたいと思います。

Youtube



1.使用した防草シート
今回使用した防草シートとピン類はホームセンターコメリで購入しました。
Amazonにも同等の類似品で安い物もあるので良ければご覧ください

・防草シート幅150cmと100cm(お近くのコメリで)
・ヘアピン杭20cm(お近くのコメリで)
・シート押え板(お近くのコメリで)

・類似品↓
 ヘアピン杭と押え板
 防草シート




2.シート敷き
防草シートは雨よけハウスの周りに敷きました
・中央の通路に幅150cmの防草シート
・外側の通路に幅100cmの防草シート


今回使用した防草シートのピンの商品名は
・ヘアピン杭20cm
・シート押え板
です。

お近くのコメリで購入できると思います。

作業の様子は上記のYoutube動画でご確認ください。




2.防草シートの効果

防草シートの効果をお伝えします。
この場所以外でも3年くらい前から防草シートを利用しています。
そこで気づいた事なども含めてお伝えしていこうと思います。

防草の効果
防草シートは土の表面を遮光するので基本的に雑草が生えてきません。

植物が成長する上で必要な太陽光を遮断するのでシートが破れたり
シートに穴が空いたりしないかぎり雑草は生えてこないと思います。


この場所のように竹や笹が自生しているような場所だと竹や笹がシートを下から押し上げてきます。
その隙間から光が入ってきて雑草が生えてくる場合もあるので定期的に竹や笹の地上部の除去が必要となります。




浸透性
防草シートには浸透性があります。
雨水がシートの上に貯まり続けたり流れていく事をある程度防いでくれます(シートの質によります)

また土の乾燥を抑える保水性も少しあるようなので夏場の暑さによる土の乾燥を少し防げるのではないかと思っています。
この保水性については今後栽培しながら保水性の確認していきたいと思います。




耐用年数
防草シートには耐用年数があります。
ホームセンターに売ってある物は3年~5年物が多いようです。
耐用年数が長い物はシートの素材が違うらしく値段も高くなります。

今回使用したシートの耐用年数は3年です。
夏場だけの使用となるので5年くらい使えれば良いかなと思っています。

あとシートを敷く前の除草ですが3か月くらいの使用期間であれば
草刈後の草の上に敷いても雑草は土壌分解されて無くなると思うので
今回はシートをそのまま敷きました。






以上です。






今回はトマトの苗の植え付けの様子の補足情報などをお伝えしていきたいと思います。
tomato4

今年でトマト作りが3年目となりました。
苗つくりも少しうまくなって良い感じに作れたと思っています。苗が徒長していますが大目に見てください。

今回の苗の植え付けで忘れてた事が1つありました。
苗穴に入れる殺虫剤(オルトラン粒剤)を入れるのを忘れてました。
現時点では特に害虫らしき生き物はついてませんが定期的な防除で対応していきたいと思います。

↑詳細は画像をクリック(Amazon商品ページ)


トマト栽培の今後について簡単に箇条書きで書いておきます。
・トマトの仕立て方法=2本仕立て
・収穫予定段数=目標5段 昨年は4段目で終わりました。
・トマトの栽培期間=9月頃までを予定しています。
変更があったら動画やブログでお知らせします。



それではトマトの苗の植え付けの様子「Youtube動画」をご覧ください。

動画の目次
00:23 ①肥料撒きと畝作り
01:58 ②苗の植え付け(定植)
03:24 ③植え付け後の管理



チャンネル登録お願い致します。


■この動画の補足情報
・トマトの品種=ホーム桃太郎
・作業時期=5月上旬
・トマトの苗=種から苗を作りました。
・雨よけハウス=自作の雨よけハウスです。製作の様子を動画にしているので気になる方はご覧ください。タイトル「雨よけハウス建て https://youtu.be/c8ezcabiNiI 」

■使用した道具や資材
発芽加温器以外はホームセンターなどで購入できます。
価格や詳細などは下のURL(Amazon)でご確認ください。

・種トマト  https://amzn.to/2H5maiq

・苗つくりの土 https://amzn.to/2TzKWwS

・ポリポット9cm ホームセンターなどで

・発芽加温器愛菜花 https://amzn.to/2TAZY5E
・育苗トレイ51型 https://amzn.to/2TCtWGg

・堆肥 牛糞堆肥 20!入り、N-P-K(%) 1.8-3.1-3.5
・石灰 苦土石灰 アルカリ分50% く溶性苦土20%含
・みつ鍬/10Lバケツ/計り/軽量カップ1リットル

・誘引クリップ 茎タッチα https://amzn.to/2JHfB5W
・誘引用紐 サンライン https://amzn.to/2HvdnUv
・ホルモン剤 トマトトーン https://amzn.to/2vZPYW1


以上です。

次回のトマト栽培動画はホルモン処理や誘引作業の様子をお伝えしたいと思います。









こんにちは、無色の畑です。
今回はナスの畑つくりの様子と苗つくり40日目から63日目までの様子をお伝えしていきたいと思います。





★目次
1.畑の準備(堆肥と石灰と肥料撒きの様子)
2.苗つくり40日目から63日目までの様子




1.畑の準備(堆肥・石灰・肥料撒き)

ナスの苗を植える畑に堆肥と石灰と肥料を撒いていきます。
撒いていく間隔は1週間毎になります。

堆肥は牛糞堆肥を1㎡あたり2リットル撒きます。
深さ10cm~15cmで耕します。
堆肥は土に養分を貯めやすくしたり
土に適度な水を貯める効果があります。
ペレットタイプの堆肥もあるので汚れたくない人はこちらがおすすめです(効果は同じです)。

石灰は苦土石灰を1㎡あたり100g撒きます。
深さ10cm~15cmで耕します。

石灰は土の酸性度を上げる効果があります。

酸性度(PH)は下げる事が難しいので撒きすぎには注意します。
苦土石灰の苦土はマグネシウムです。
マグネシウムは光合成に関係してくる成分となります。
最終的には収穫量にも関係するので石灰は苦土石灰を撒くのがおすすめかと思います。


肥料は有機肥料7-4-2を1㎡あたり200g撒きました。
深さ10cm~15cmで耕します。
ナスは肥料食いなので多少多めに撒いても問題ないかと思います。
不足した肥料は葉や花を見て判断して追肥をしていきたいと思います。

この後は畝作りと苗の植え付けになります。
苗がまだ小さいのでもう少ししてから植えたいと思います。



2.苗つくり40日目から63日目の様子
苗つくり40日目から63日目までの様子は
Youtube動画でご覧ください。

 






↑このページのトップヘ