カテゴリ: 栽培編

こんにちは、無色の畑です。
今回はナスとキュウリの苗の植え付けの様子などを
お伝えしていきたいと思います。
samune

■使用した道具や資材
ナスの種  タキイ種苗 ナス 千両二号
苗つくり用の土 タキイ種苗 土 たねまき培土 20L MDJ125TN

■参考書
ナスつくりの本 最新 おいしい野菜100種のじょうずな育て方 
キュウリつくりの本 キュウリの作業便利帳―良品多収のポイント126




■目次
  1. 苗の植え付けの様子
  2. 管理作業の様子
YOUTUBE


今回植え付けする苗の品種は
・ナスは 「千両二号」
・キュウリは 「千羽
となっています。





1.苗の植え付け
雨よけハウスでナスとキュウリを栽培していきたいと思います。
苗は種から 育てたものを使います。

ナスの苗については過去にYoutube動画に苗つくり様子も上げてますので気になる方はご覧ください。

ナスとキュウリの苗の植え付け作業の様子はYoutube動画でご覧ください。





2.管理作業
苗の植え付け後の管理作業の様子をお伝えしたいと思います。

殺虫剤の散布
ナスの葉に虫食いの跡があったので殺虫剤を散布しました。
使用した殺虫剤→スミチオン乳剤
殺虫剤は1000倍に薄めて使用しています。

今の時期(5月)だとテントウムシダマシやアブラムシなどに効果があるようです。

今回使用した農薬の散布回数(制限)は5回以内なので
他の農薬と交互に使いながら害虫の駆除をしていきたいと思っています。


ホルモン処理
ナスの苗の植え付けから数日たち一番花が開花しました。

ホルモン処理しました。
ホルモン処理はトマトトーンを使用します。

トマトトーンの作り方(希釈方法など)は過去のYoutube動画にありますので
作り方がよくわからない方は一度見て頂くと作り方の流れがある程度理解できると思います。


その他
5月中旬ごろに大雨が降りました。
苗やマルチが泥で汚れたので泥はね対策をしました。

泥はねの原因が雨よけハウスのビニールからのポタ落ちだったので
雨水が落ちるところにマルチを敷きました。
しばらく様子をみたいと思います。

今回はトマトの苗の植え付けの様子の補足情報などをお伝えしていきたいと思います。
tomato4

今年でトマト作りが3年目となりました。
苗つくりも少しうまくなって良い感じに作れたと思っています。苗が徒長していますが大目に見てください。

今回の苗の植え付けで忘れてた事が1つありました。
苗穴に入れる殺虫剤(オルトラン粒剤)を入れるのを忘れてました。
現時点では特に害虫らしき生き物はついてませんが定期的な防除で対応していきたいと思います。

↑詳細は画像をクリック(Amazon商品ページ)


トマト栽培の今後について簡単に箇条書きで書いておきます。
・トマトの仕立て方法=2本仕立て
・収穫予定段数=目標5段 昨年は4段目で終わりました。
・トマトの栽培期間=9月頃までを予定しています。
変更があったら動画やブログでお知らせします。



それではトマトの苗の植え付けの様子「Youtube動画」をご覧ください。

動画の目次
00:23 ①肥料撒きと畝作り
01:58 ②苗の植え付け(定植)
03:24 ③植え付け後の管理



チャンネル登録お願い致します。


■この動画の補足情報
・トマトの品種=ホーム桃太郎
・作業時期=5月上旬
・トマトの苗=種から苗を作りました。
・雨よけハウス=自作の雨よけハウスです。製作の様子を動画にしているので気になる方はご覧ください。タイトル「雨よけハウス建て https://youtu.be/c8ezcabiNiI 」

■使用した道具や資材
発芽加温器以外はホームセンターなどで購入できます。
価格や詳細などは下のURL(Amazon)でご確認ください。

・種トマト  https://amzn.to/2H5maiq

・苗つくりの土 https://amzn.to/2TzKWwS

・ポリポット9cm ホームセンターなどで

・発芽加温器愛菜花 https://amzn.to/2TAZY5E
・育苗トレイ51型 https://amzn.to/2TCtWGg

・堆肥 牛糞堆肥 20!入り、N-P-K(%) 1.8-3.1-3.5
・石灰 苦土石灰 アルカリ分50% く溶性苦土20%含
・みつ鍬/10Lバケツ/計り/軽量カップ1リットル

・誘引クリップ 茎タッチα https://amzn.to/2JHfB5W
・誘引用紐 サンライン https://amzn.to/2HvdnUv
・ホルモン剤 トマトトーン https://amzn.to/2vZPYW1


以上です。

次回のトマト栽培動画はホルモン処理や誘引作業の様子をお伝えしたいと思います。









こんにちは、無色の畑です。
今回はナスの畑つくりの様子と苗つくり40日目から63日目までの様子をお伝えしていきたいと思います。





★目次
1.畑の準備(堆肥と石灰と肥料撒きの様子)
2.苗つくり40日目から63日目までの様子




1.畑の準備(堆肥・石灰・肥料撒き)

ナスの苗を植える畑に堆肥と石灰と肥料を撒いていきます。
撒いていく間隔は1週間毎になります。

堆肥は牛糞堆肥を1㎡あたり2リットル撒きます。
深さ10cm~15cmで耕します。
堆肥は土に養分を貯めやすくしたり
土に適度な水を貯める効果があります。
ペレットタイプの堆肥もあるので汚れたくない人はこちらがおすすめです(効果は同じです)。

石灰は苦土石灰を1㎡あたり100g撒きます。
深さ10cm~15cmで耕します。

石灰は土の酸性度を上げる効果があります。

酸性度(PH)は下げる事が難しいので撒きすぎには注意します。
苦土石灰の苦土はマグネシウムです。
マグネシウムは光合成に関係してくる成分となります。
最終的には収穫量にも関係するので石灰は苦土石灰を撒くのがおすすめかと思います。


肥料は有機肥料7-4-2を1㎡あたり200g撒きました。
深さ10cm~15cmで耕します。
ナスは肥料食いなので多少多めに撒いても問題ないかと思います。
不足した肥料は葉や花を見て判断して追肥をしていきたいと思います。

この後は畝作りと苗の植え付けになります。
苗がまだ小さいのでもう少ししてから植えたいと思います。



2.苗つくり40日目から63日目の様子
苗つくり40日目から63日目までの様子は
Youtube動画でご覧ください。

 






こんにちは、無色の畑です。
今回はきゅうりの苗つくりの準備と発芽までの様子をお伝えしていきたいと思います。



★目次
1.苗つくりの準備と種まき
2.苗つくり1日目~21日目までの様子

今回のキュウリの苗つくりは4月に種を撒くので発芽加温器は使用していません。
常温での苗つくりとなります。


1.苗つくりの準備と種まき

キュウリの苗つくりで必要なものを紹介していきます。


・キュウリの種 
・苗つくり用の土(タキイ種苗
・ポリポット(9cmから12cmくらいの物
・水まき用のジョウロ又は霧吹き
以上の物はホームセンターなどで購入できると思います。

それ以外であったら便利な物を紹介します。
 
・土の地温を測定する地温計
・苗の持ち運ぶためのトレイ51型 
・トレイ用のフード51型
  風による地温の低下を少し和らげる効果があります。
  保温の効果はあまり無いので夜間は外気の温度と同じになります。


道具の準備が出来たら種まきを行います。

ポリポットに土を入れます。
乾燥しているので土に水を含ませましばらく置いておきます。

種を蒔く穴を1つから2つ開けます。
苗がある程度の大きさになったら間引きして苗を1つにしていきます。
確実に発芽させたい場合は3粒撒くと良いかもしれません。

キュウリの種は他の夏野菜と比べ種が大きいので撒きやすいかと思います。

種を蒔いたら土を被せます。
キュウリの種は嫌光性(けんこうせい)なので土を被せて遮光するのが発芽の条件となります。

水を撒いて種をを湿らせます。


発芽するまでの日数は気温によって変化します。
早くて1週間、長くて2週間くらいかと思います。

以上が苗つくりの準備と種まきになります。



2.苗つくり1日目~21日目までの様子
苗つくり1日目~21日目までの成長の様子をごらんください。





こんにちは、無色の畑です。
今回は畑の準備と苗つくりの様子をお伝えしていきたいと思います。




★目次
1.畑の準備(堆肥撒きと石灰撒き)
2.苗つくり30日~40日目までの様子




1.畑の準備(堆肥と石灰撒き)
苗の植え付けまで1ヵ月となったので畑に堆肥と石灰と肥料を撒いていきたいと思います。
今回は堆肥と石灰撒きになります。

堆肥は牛糞堆肥を今回使用しました。
1㎡あたり2リットルの堆肥を撒きます。
撒き終わったら深さ10cm~15cmくらい耕します。

堆肥の効果は
・土に栄養をためやすくしたり
・水はけを良くしたりする
効果があります。

肥料としての効果は少ないので肥料は別で撒きます。

市販されている牛糞堆肥にはいろんな成分がブレンドされた物もあります。
場合によっては肥料過多になる場合もあるので成分表をよく読んで使用した方が良いかと思います。


堆肥を撒いて1週間過ぎたら石灰を撒きます。

石灰は土の酸性度(PH)を調整する為に使用します。
トマトの栽培に適したPHは6~7くらいです。

石灰を1㎡あたり100g撒くとPHが1くらい上がります。

前回の土壌診断の土の酸性度(PH)の結果がPH5.8でした。 
石灰を1㎡あたり80g撒いてPHを6.5くらいにしたいと思います。

撒き終わったら深さ10~15cmくらいで耕します。

次は1週間後に肥料撒きと畝作りとなります。


2.苗つくり30日~40日目までの様子
苗つくり30日~40日目までの成長の様子をごらんください。
youtube↓












↑このページのトップヘ